更年期にやんわり効く!イソフラボンの効能とおすすめサプリ2選

更年期の症状に役立つイソフラボンの種類とおすすめサプリ2選

「イソフラボンを摂ると更年期症状が良くなるの?」といった方々は多いかと思います。

 

イソフラボンは更年期の症状を緩和する成分ですが、2人に1人は吸収する腸内細菌を持っていないことから、いくら摂取してもほとんどは体外に排出されてしまいます。そこで、イソフラボンよりも「エクオール」を体内で吸収できるかの方が非常に重要となってきます。

 

ここではイソフラボンの種類や摂取目安量、エクオールの重要性についてご紹介します。特にご自身で更年期対策をしたい方にとっては有益な情報となっていますので、ぜひご覧ください。

更年期症状の緩和に役立つのはアグリコン型のイソフラボン

更年期の症状に役立つイソフラボンの種類とおすすめサプリ2選

 

イソフラボンは『グリコシド型』と『アグリコン型』に分かれ、中でも体内に効果的とされるのはアグリコン型となっています。

 

40歳を過ぎた辺りから卵巣機能は衰えはじめ、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量低下が起きることで、心身に様々な不調が現れます。その時期を更年期と呼びますが、イソフラボンはエスロトゲンを補う働きがある事から、症状の緩和に役立つ成分とされています。

 

グリコシド型のイソフラボンは糖が結合されたもので、大豆や豆乳、豆腐などに多く含まれています。アグリコン型は、糖が切り離されたもので、味噌や醤油などの大豆発酵食品となります。

 

アグリコン型の方が高い効果を得られる理由は、『分子量の多さ』や『腸内細菌の働き』が挙げられます。

 

例えば、グリコシド型のイソフラボン1mgをアグリコン型に換算すると1.6mgに相当します。また、グリコシド型は分子量が大きい事から糖を切り離さなければ腸で吸収することができず、さらに腸内細菌の働きは個人で大きく違う為、吸収力にも差が出ます。

 

一方、アグリコン型は分子量が小さくなっている事から、腸内細菌の状態と関係なく体内に吸収されやすくなっています。

 

イソフラボンを摂取することで、以下の症状の予防や改善が見込めます。

 

  • ホットフラッシュ(ほてり、発汗、のぼせなど)
  • イライラや不安、うつなどの精神症状
  • 肩こりや腰痛
  • 骨粗鬆症
  • 動脈硬化

 

上記は更年期に起きやすい症状となっています。

 

イソフラボンの摂取目安量

イソフラボンは1日の摂取目安量の上限値がアグリコン型で75mgと設定されています。グリコシド型の場合は120mg前後です。これらが多く含まれるのは以下の食品となります。

 

グリコシド型とアグリコン型の食品とイソフラボンの含有量

 

大豆食品は、日本の食文化にも深く根付いている為、多少の過剰摂取では問題ないとされています。

 

ただし、妊娠中や授乳中は大豆イソフラボンを積極的に摂取しないほうが良いです。妊婦や授乳中の女性に対するイソフラボン摂取の十分な試験データが存在せず、動物実験で胎児への悪影響の可能性があるとされている為です。乳幼児や小児においても、同様の理由から推奨できません。

 

この他、アグリコン型イソフラボンをサプリメントとして摂取する場合、1日の摂取上限値75mgのうち、30mgまでが推奨されています。

 

骨粗鬆症の予防に効果的な大豆・大豆加工食品

更年期はエストロゲンの分泌量が低下する事で骨が脆くなりやすくなり、骨粗鬆症が心配されます。大豆や大豆加工食品に含まれるカルシウムやマグネシウムは骨の材料となるため、骨粗鬆症の予防にも効果的です。これらのミネラルは骨に多く存在していて、食品等からの摂取後、そのほとんどは骨や歯に行き渡り、丈夫な骨のサポートをします。

アグリコン型イソフラボンはエクオールに変わる事で効果を発揮する

更年期の症状に役立つイソフラボンの種類とおすすめサプリ2選

 

アグリコン型のイソフラボンでも、エストロゲンと似た作用をするのは「ダイゼイン」「ゲニステイン」となり、中でも更年期障害の緩和や改善に役立つのがダイゼインです。ダイゼインは、体内でエクオールという物質に変化する事でその効果を発揮します。

 

ただし、エクオールとして吸収できる方は限られていて、日本人では10人中、3〜5人と少ない割合となっています。吸収されるとしても、腸内細菌の働きによって大きく左右されますが、体内でエクオールを作り出せる方は、更年期障害の症状が軽い傾向にあります。

 

また、アグリコン型イソフラボンを食品から摂取する場合、腸内細菌が働く過程でエクオールに変化しきれず吸収できなかった分は、体外に排出されます。その為、食事による更年期対策は効果が実感しづらいという現実があります。

 

ほか、以下の理由もある事から体内効率が悪くなってしまいます。

 

  • グリコシド型イソフラボンがアグリコン型イソフラボンに変化する過程で吸収しきれない部分が出てくること
  • 味噌や納豆、醤油などの発酵食品でも全量がアグリコン型イソフラボンになっているわけではないこと
  • アグリコン型イソフラボンやエクオールを作れるかどうかは個人差があること

 

エクオールが作れる体質かどうかの確認

医療機関や郵送キットなどで調べることができます。採尿してエクオールが含まれているかを判断します。価格帯は4000〜5000円ほどです。

 

これらの理由から、アグリコン型イソフラボンを摂取する事よりも、エクオールを吸収する方が重要で、また、食品からではなくサプリメントでの摂取が効率的と言えます。次より詳細をご紹介します。

エクオールを効率的に摂取できるサプリメント2選

エクオールを摂取できるのはサプリメントのみとなり、1日10mgの摂取目安量となっていますが、その量を満たしているのが以下の2つとなっています。(2016年12月時点)

 

エクオール+ラクトビオン酸
「エクオールラクトビオン酸」
●価格:6,480円

 

エクオールに加え、更年期以降に必要なカルシウムの吸収を助けるラクトビオン酸が配合されています。エクオール研究の専門医師と共同開発されたサプリメントで、1日に必要なエクオールを気軽に摂取できます。

 

エクエル

●価格:4,320円

 

エクオールと大豆イソフラボンの両方が摂取できるサプリメントです。独自開発した「エクオールを作り出す乳酸菌」だけで大豆を発酵しています。合成や抽出、濃縮といった製造工程はなく、香料、保存料も使用していない為、高い安全性のもと摂取できます。

 

上記2商品の詳細はこちらからご確認下さい

 

サプリメントでエクオールを摂取する場合は、1日の摂取上限値75mgの内、10mgほどに留めておき、残りは食事から摂取することが理想とされています。

 

重度の更年期は医師へ相談する

更年期症状が重度で、エクオールを摂取しても改善がみられない場合は医師へ相談することをお勧めします。婦人科やレディースクリニックで更年期障害と診断された場合、主な対策はHRT(ホルモン補充療法)となりますが、閉経前なら低用量ピルが処方される場合もあります。

まとめ

  • 「アグリコン型イソフラボン」の中でも、エクオールに変換される事で更年期障害に効果を発揮する
  • 体内でエクオールに変化するかどうかは個人差がある
  • エクオールを作れない場合はサプリメントでの摂取が効率的
  • 大豆イソフラボンには摂取目安上限値があるため、過剰摂取には注意すること

関連ページ

■ 更年期で誰もが乱れる生理周期の原因と対策法
更年期に起こる生理周期の乱れ、その原因と対策法についてご紹介しています。更年期では生理〜閉経まで起こりますが、この時から生活習慣の見直しをしておく事をお勧めします。
■ 更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド
更年期に起こる腹痛や下腹部痛、便秘や下痢について、対処法をご紹介しています。
■ 更年期の髪トラブル対策と避けるべきヘアケア
更年期に起こる「抜け毛」や「乾燥」といった、毛髪トラブルの対策についてご紹介しています。また、誤ったヘアケアについても説明しています。悪化させたくない女性は必見です。
■ 更年期の胸の痛みに潜むリスクに用心!7つの対策法
更年期から起こった動悸や胸の痛みの改善ガイド。胸の痛みにはどんな症状があるか、それぞれベストな対策はあるのかについて詳しく説明しています。
■ 更年期で高血圧となった時に行いたい4つの対策
更年期に起こる高血圧とその対策法についてご紹介しています。また、更年期の血圧の特徴についてもまとめています。今後の対策にお役立て下さい。
■ 乾燥が悪化する更年期の過ごし方と対策法
更年期に起こる乾燥感やかゆみについて、どのような対策をすればよいか記載しています。辛い乾燥とかゆみの対策としてご活用下さい。
■ 更年期に摂るべき効果的な食べ物と栄養素5選
更年期に不足しがちな栄養素「カルシウム」「マグネシウム」「レシチン」「ビタミンD」「ビタミンE」が豊富に含まれる食べ物をご紹介いたします。また、これらの食材を使った美味しいレシピもご一緒に参考にして頂ければと思います。
■ 早期の症状緩和に!更年期における閉経前後の変化と対策
更年期と閉経についてご紹介しています。閉経の判断基準と平均年齢、婦人科などでの検査、他の病気リスク、またHRT(ホルモン補充療法)についても紹介しております。
■ 急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法
更年期に起こるホットフラッシュの原因と症状、レベル1〜3に分けられた対処法についてご紹介しています。ほか、化粧崩れや服の汗シミ予防についてもご参考下さい。
■ プラセンタで更年期対策!高純度・高品質品の選び方
更年期障害の治療としても使われるプラセンタの選び方。高品質・高重度を基準に良質なプラセンタを選ぶコツ4つをご紹介いたします。プラセンタに含まれる成長因子が更年期障害を緩和してくれます。
■ トリプトファンサプリの効果と選び方の手引き
不眠を和らげる効果があるトリプトファンサプリメントをご紹介しています。効果的な飲み方や副作用まで全て。
■ 睡眠の質を向上するトリプトファンの上手な摂取方法
更年期障害や不眠症に効果的なトリプトファンの効能や効果的な摂取方法を紹介します。トリプトファンがどのように体の中で吸収されているのかを知ることができます。
■ 更年期障害に効果が期待出来るアロマ全14種!活用マニュアル付
アロマの効能を知って更年期を和らげる方法をご紹介いたします。アロマの最大限楽しむ方法や注意することなどをまとめました。
■ すぐにできる!更年期うつの対処法と改善方法まとめ
更年期障害で起こるうつ症状の対策やうつ病との違い、更年期うつ以外の病気の可能性などをご紹介しています。
■ 漢方を知って更年期障害を緩和させる方法まとめ
更年期における漢方薬の選び方、服用方法をご紹介しています。なぜ、漢方が更年期に良いのかという理由や漢方の副作用をまとめてます。
■ ズキズキを和らげる!更年期で頭痛が起こる原因と治し方
更年期からくる頭痛の判断基準と原因。頭痛の緩和法。病気のサインとなる頭痛の見分け方を記載しています。
■ 更年期のめまい緩和の近道に!予防法と関連する病気まとめ
更年期によるめまいの予防法。貧血との違い。めまいから来る病気をまとめました。
■ 良質なエクオールサプリメントの選び方
更年期対策において注目度が高いエクオールサプリメント。その選び方や良質なエクオールの基準をまとめました。更年期による様々な症状の緩和を目指したい女性におすすめです。
■ ドンヨリSTOP!更年期障害対策の為の女性ホルモン補充方法
40代からの更年期障害の症状の原因と、体の不調を整えるために最適な女性ホルモンの補い方や治療についてまとめました。
■ 更年期だけじゃない、その忘れっぽい症状の対策ガイド
「最近、忘れっぽい」と感じ、これは更年期のせいでは?思っている方の為にまとめられた記事です。忘れっぽい症状と更年期による忘れっぽい状態、認知症との違いについても解説しています。
■ じわっと更年期症状を和らげる成分!サポニンの働きと摂取法
サポニンが更年期にどんな効果を与えるのかをまとめています。ほか、サポニンが含まれる食材、効率的な摂取方法、注意点や副作用についてもご紹介しています。
■ 今日からできる!更年期のイライラ・うつうつ完全ケアガイド
更年期のイライラやうつうつの解消法。女性がイライラするメカニズムやイライラを段階別に分け、対処法を紹介しています。
page top