気になる鈍痛..更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド

気になる鈍痛..更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド

『生理不順と同時に便秘や下痢が頻繁にあるけど、更年期の前兆?』『更年期から始まった腹痛や下腹部痛は、どう対処したらいいの?』、という方は多いかと思います。

 

この場合、原因が特定できないまま、ご自身の判断で対処するのは危険ですので止めましょう。更年期に差しかかっている場合ですと、女性ホルモン、もしくは自律神経が乱れたことで腹痛が行っている事が考えられ、その対処法は違ってきます。

 

婦人科にて検診した方が良いことがほとんどですが、下痢や便秘なら市販薬、腹痛に伴う腰痛が起きているなら、生活習慣を意識することで対処できるものもあります。

 

ここでは、更年期に起こる腹痛や下腹部痛の原因、改善方法、注意しておきたい腹痛の種類についてご紹介します。どんな症状に当てはまり、どんな対処が必要か、ご確認頂ければと思います。

更年期の腹痛の原因

気になる鈍痛..更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド

 

閉経年齢は約50歳となっていて、閉経前後のおよそ10年間(45〜55歳)は更年期に差しかかります。この時期は卵巣機能が低下するため、自律神経や女性ホルモンバランスが乱れやすくなり、腹痛を始めとした、便秘や下痢、鈍痛が起こる方もいらっしゃいます。

 

以下にそれらの症状についてご紹介いたします。

 

自律神経の乱れによる更年期の腹痛

自律神経が乱れやすい更年期では、以下のような腹痛が起きる可能性があります。

 

腸のぜん動運動の低下

更年期 腸のぜん動運動の低下

 

腸のぜん動運動が低下することで便秘となりやすく、腹痛が起こりやすくなります。ぜん動運動は排せつするために便を下の方へ動かすための『腸の動き』のことを指しますが、この低下が起きる事で便の排出が難しくなります。便が長時間腸内に留まることにもなるため、水分が過度に吸収され、固く、排せつしにくい便となります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は腹痛とともに便秘や下痢、または両方が交互に発生する病気です。症状に違いはありますが、更年期による自律神経の乱れのほか、ストレスも大きな原因になるとされています。

神経性胃炎

神経性胃炎

神経性胃炎では、胃酸の分泌が過剰になる事で、胃壁がダメージを受けます。みぞおちの辺りの痛みや胃のもたれ、胸やけなどが主な症状です。

これらは基本的に、食生活や生活習慣を見直す事で改善することが可能です。

 

一方で、以下に紹介する症状は『女性ホルモンの分泌低下』による腹痛や下腹部痛ですが、診察が必須となる場合もあります。

 

女性ホルモンの分泌低下による腹痛の種類

女性ホルモン分泌低下による腹痛の種類

 

40歳を過ぎる頃から女性ホルモンは徐々に減少し、更年期や閉経を迎える頃にはホルモン分泌量は著しく低下しています。その時期に発生リスクのある症状は、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣がんとなります。詳細を以下にてご説明します。

 

子宮内膜症

子宮内膜症は本来ならば子宮の内側に存在する子宮内膜が、卵巣やダグラス窩(腹膜腔の1部)などの子宮以外の部分にできてしまう病気です。

 

生理の際に子宮の内膜が剥がれ落ちるように、子宮以外にできた内膜も周期的に剥がれ落ちていくため、出血や下腹部痛を生じます。生殖年齢の女性の場合、不妊につながる可能性もあります。

 

現代では初潮が早く、閉経が遅くなっているため、更年期に近い年齢の女性にも発症する可能性がありますが、完全に閉経すると治る傾向にあります。

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の様々なところに腫瘍ができてしまう病気です。子宮筋腫自体は悪性の腫瘍ではないため、過度に心配をする必要はありません。子宮筋腫の症状としては、生理時の血の増加、生理の長期化、下腹部の痛み、不正出血などがあります。

 

子宮内膜症と同じくエストロゲンの影響で発症する病気のため、閉経が近づけば症状が治まっていく傾向にあります。しかし更年期に入っても子宮筋腫の症状が重くなっていったり、大きくなっていったりする場合は腫瘍が悪性化する可能性があります。

卵巣がん

卵巣にがんができる病気で、卵巣がんの罹患率は40代から増加して閉経する年代である50〜60歳の間にピークになります。卵巣がんは初期段階では自覚症状は薄いのですが、進行が早いがんであるため、気づいた時にはがんのステージが進んでいたということもあり得ます。症状としては、下腹部痛や下腹部のしこり、しこりによる圧迫で尿が近くなるなどが挙げられます。

 

上記に挙げた婦人病は、女性ホルモンの分泌低下が主な原因となる為、食事や生活習慣では効果的な改善は見込めません。症状が悪化するケースもある為、不調を感じたら早めに婦人科での診察を受け、その後は定期検診として受けるようにしましょう。

 

『下腹部痛』が共通点としてありますが、更年期の下腹部痛とはメカニズムが違う為、以下より確認しておくとよいでしょう。

下腹部痛が更年期と生理どちらからくるものか見極める

気になる鈍痛..更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド

 

更年期での下腹部痛の大きな特徴は、更年期障害の諸症状が同時に現れます。具体的には、イライラや不安、ほてりや発汗、動悸などの症状が併発します。

 

一方、PMSや生理での下腹部痛は、女性ホルモンであるエストロゲンと生理活性物質であるプロスタグランジンのバランスが乱れ、痛みを始めとする症状が現れます。

 

どちらも症状が似ていますが、更年期の症状が併発するか、しないかという違いがあります。

 

もし閉経後の場合、エストロゲンの分泌量は微量となっているので、下腹部痛や更年期の症状は強く出る傾向にあります。同時に子宮や卵巣の萎縮も始まり、その過程で下腹部に鈍痛が発生しますが、それは自然現象となるため大きな心配はありません。

 

ただし、強い痛みや発熱、不正出血などを伴う場合は、ほかの婦人病の可能性もあるため、医療機関で診察を受けた方が良いでしょう。

更年期での腹痛の改善方法

便秘や下痢、更年期特有の腹痛については表をご参考下さい。

 

更年期に起こる腹痛の改善法

症状 改善策
便秘・下痢 ・市販薬

・漢方薬
・ホルモン補充療法(頻度が高い、症状が強い場合)

自律神経の乱れ ・生活習慣(食事、睡眠、運動)
女性ホルモンの乱れ ・大豆や大豆加工食品の摂取

・漢方薬
・サプリメント
・ホルモン補充療法

 

この中でも『自律神経と女性ホルモンの乱れ』は、更年期に起こりやすい腹痛の種類です。その為、どちらの改善策にも取り組むことが重要で、腹痛と同時に『腰痛』が起こる方にも効果が期待できます。

 

更年期に差しかかり、腹痛になる頻度が増えたという方は、婦人科で診察を受け、原因を明確にしておく事が理想です。

 

改善法の詳細については以下にてご紹介します。

 

腹痛(便秘・下痢)を市販薬や漢方薬で止める場合

便秘や下痢という事が分かっている時は市販薬でも問題ありません。漢方薬は1つ1つの効能の幅が広いため、症状が把握できている時に服用する方が良いです。

 

下痢なら「ビオフェルミン下痢止め」、便秘なら「ビオフェルミン便秘止め」がおすすめです。下痢と便秘に対する有効成分のほか、ヒト由来の乳酸菌も含まれているため、腸内環境を改善する効果も期待できます。

 

便秘や下痢が伴う腹痛が起きる時、漢方では以下のものが推奨される傾向にあります。

 

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

・便秘を解消する働きがある。
・体の機能が悪化すること鎮めるため、ホットフラッシュや更年期で起きやすい『高血圧』を抑える働きもある。

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

・胃腸の働きを改善する働きがある。
・自律神経の乱れによる神経性胃炎や過敏性腸症候群の症状を抑える働きがある。

 

漢方は生薬が有効成分となりますが、効能には違いがあり、副作用が出る時もあるので、専門家と相談した上で服用するにしましょう。

 

自律神経の乱れに効果がある補完代替療法

自律神経の乱れに効果がある補完代替療法

 

自律神経の乱れによる腹痛は、自律神経を整えることが最重要となります。また、腹痛は腸の環境によって症状が左右されるため、腸内環境を改善させることも大切です。その為、以下の生活習慣や食事を意識して行動すると、高い効果が見込めるでしょう。

 

自律神経を整えるには「セロトニン」の分泌も必須となる為、以下をご参考下さい

 

腸内環境の改善方法については、以下にてご紹介します。

 

朝に冷たい水を飲む

起床時にコップ一杯の水を飲むことで、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を高める働きが期待できます。起きた際はコップ一杯の水を飲むようにしましょう。牛乳や麦茶でも大丈夫です。ただし緑茶や紅茶など、カフェインが含まれているお茶を空腹時に飲むと胃の負担になるため、ノンカフェインのものを選びましょう。もし冷たい水を飲むことでお腹がゆるくなる方は、常温で試すのも良いでしょう。

食物繊維を十分に摂取する

女性は食事の摂取量が男性と比べて少ないため、そもそも便の量が少なく、便秘になりがちです。食事量自体を増やすことができないならば、便を構成する成分となる食物繊維を十分に摂取するようにしましょう。食物繊維はゴボウや海藻、切り干し大根などに多く含まれています。また食物繊維入りの飲料を飲むのも有効です。

発酵食品を食べるようにする

ヨーグルトやぬか漬け、納豆などの発酵食品には乳酸菌や酪酸菌などの善玉菌が豊富に含まれています。善玉菌は腸内で悪玉菌の増殖を抑えたり、有機酸を生産して腸のぜん動運動を高める為、便秘解消に大きく役立ちます。

オリゴ糖を摂取する

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエネルギー源となる糖です。腸内で乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌がオリゴ糖をエネルギー源として増殖して、乳酸や酢酸といった有機酸を生産します。それらの酸は悪玉菌の増殖を抑制するほか、腸壁を刺激してぜん動運動を高める働きをする為、腹痛や便秘を改善する効果が期待できます。

睡眠時間を確保する

自律神経は昼間の活動に関わる交感神経と夜間の休息に関わる副交感神経の二つがバランスを取り合い働いています。昼間に活動的に働き、夜間にゆっくりと休息を取ることで二つの神経のバランスが取られ、自律神経が調整されます。睡眠時間はなるべく1日6時間以上確保して十分に休息を取るようにしましょう。

 

睡眠不足で悩んでいる方はこちらをご参考下さい。

有酸素運動を行う

ウォーキングや軽いジョギングなどの多少息が上がる程度の運動は、自律神経を整えるのに有効です。運動時の体温の調整や血圧の調整には自律神経の働きが必要になります。運動をすることで自律神経に刺激を与え、バランスが取りやすくなります。

 

女性ホルモン分泌低下に効果的な改善法

女性ホルモン分泌低下に効果的な改善法

 

改善法は特定の食品の摂取、サプリメント、ホルモン補充があります。更年期での腹痛の頻度、症状の強さに応じてご紹介していますが、改善または良好な状態を維持していきたい方は、全てを実践することをお勧めします。

 

大豆や大豆加工食品の摂取

大豆や大豆加工食品には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。イソフラボンは腸管でアグリコンという物質に変化して体内に吸収されます。このアグリコンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを行い、更年期や婦人病で共通して起こっている『エストロゲンの分泌量低下』を補い、腹痛の改善を促します。サプリメントで摂取するのもよいですが、アグリコン型のイソフラボンは1日30mgまでという基準があるためご注意下さい。

漢方薬

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)という漢方薬が服用に適しています。

 

・ホルモンバランスを整える働きがある。
・ホルモンバランスの乱れによる子宮や卵巣の痛みを抑える。
・更年期のホットフラッシュ症状も抑える働きがある。

サプリメントからのホルモン補充

女性ホルモンと似た物質に『エクオール』があり、食事よりもサプリメントからの方が効率的に摂取できます。詳細は以下よりご参考下さい。

ホルモン補充療法

腹痛の原因がエストロゲンの分泌低下にあり、なおかつ症状が重い場合、ホルモン補充療法は1番に有効な治療法となります。

 

飲み薬や貼り薬、注射といった形で外部からエストロゲンを補充し、更年期に発生する腹痛を始め、多くの症状を改善させることができます。

 

腹痛においては、胃腸の緊張が緩和されやすくなり、便秘や下痢の改善が見込めます。また、代表的な症状であるホットフラッシュ、イライラや鬱などの精神的な症状にも効果が期待できるでしょう。

 

ホルモン補充療法は更年期障害と診断されれば、健康保険を適用することができます。腹痛のみならず更年期障害に悩んでいる人にはおすすめの治療法です。

 

ホルモン補充療法の詳細はこちらをご参考下さい。

こんな腹痛には要注意!

更年期に現れる腹痛のうち、婦人病の性質を持っているものには注意が必要です。子宮筋腫や子宮内膜症自体は命に関わる病気ではありませんが、症状が似ている悪性腫瘍が知らないうちに発症する可能性もあります。また、卵巣がんは症状の進行が早く気付いた時には転移しているということもあるかもしれません。

 

そういった致命的な事態を避けるために、下腹部や性器に異常を感じたら婦人科で診察を受けることが重要です。

 

下腹部痛のほかに不正出血や発熱、排尿・排便障害などが現れたら婦人病の可能性があります。ただし卵巣がんには自覚症状や初期症状がほとんどありません。異常が出たらその時だけ病院に行くより、定期的な婦人科検診を受けることが重要でしょう。

 

また、更年期と関連性がない腹痛にも注意する必要があります。女性の部位別のがんは乳がんがトップですが、次いで大腸がんと胃がんが続きます。罹患者数が多い分、大腸がんや胃がんで死亡する女性も多くいるため、これらの消化器系のがんがもたらす腹痛にも注意をするようにしましょう。

 

大腸がん

大腸がんは卵巣がんと同じく初期の自覚症状がほとんどありません。定期的な健康診断を受けることが早期発見に重要です。ある程度症状が進行すると以下のような症状が現れるようになります。

 

  • 腹痛が続く
  • 便に血液が混じる
  • 便秘や下痢の頻度が高くなる
  • 便の量が少なくなる
  • 下血(肛門からの出血)が見られる
  • お腹が張る
  • 体重が減少する

 

大腸がんは早期に発見できれば完治する可能性が高いがんです。上述した症状が現れる前から大腸がん検診などを行い、早期発見を心がけるようにしましょう。

胃がん

胃がんも初期では自覚症状があまりありません。それどころか症状が進行したとしても自覚症状が現れない場合もあります。加えて胃がんの諸症状は胃炎や胃潰瘍でも見られる症状のため、ついつい様子を見てしまいがちです。定期検診が重要なのはもちろんですが、以下のような症状が現れたら医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

  • 胃痛
  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 食欲不振

 

胃がんの痛みは胃の痛みなので下腹部痛というより、みぞおちの辺りに痛みが生じることが特徴です。胃がんも大腸がんや卵巣がんと同じく定期健診で早期発見を心がけましょう。

腹痛が悪化する生活習慣を改善する

更年期の腹痛を改善しようとしても、腹痛が悪化している生活習慣をしていては本末転倒です。腹痛を改善するためには腹痛を起こしづらい生活を送るようにしましょう。

 

ストレスを発散する

人間はストレスを感じると交感神経が刺激されます。交感神経は心身を緊張させる働きをする神経なので、胃腸も緊張させて便秘や下痢、腹痛の原因となってしまいます。更年期はもともとホルモンバランスの乱れにより交感神経が優位になりやすい上、そこにストレスが加わると腹痛が起きやすくなってしまいます。ストレスを完全になくすことは不可能ですが、スポーツやカラオケなどのスカッとする趣味で適度に発散することが出来ます。

禁煙する

タバコを吸うと交感神経が刺激されてしまうため、心身が緊張してしまいます。結果、腹痛や便秘、下痢も引き起こしやすいと言えます。タバコに含まれる一酸化炭素やタールはがんや様々な不調の原因にもなります。その為、禁煙は辛い、困難だけど将来的には止めたいという場合、禁煙外来などでの治療を検討しましょう。

飲酒は適量を

適量の飲酒は血管を拡張させ心身をリラックスさせますが、過度の飲酒は交感神経を刺激し、心身の緊張を招きます。加えて、腸へ供給される水分量も増え、下痢が起こりやすい状態にもなります。飲酒する際は、ビールなら中瓶1本ほど、日本酒なら1合、ワインなら1/4本程度の適量を心がけましょう。

脂質やタンパク質を摂りすぎない

脂質やタンパク質は重要な栄養素ですが、摂取しすぎると腸内環境の悪化を招きます。腸内の悪玉菌は脂質やタンパク質をエネルギー源として増殖していくため、肉や揚げ物ばかり食べていると腸内環境が悪玉菌優位に偏ります。そうなると便秘や下痢、腹痛、倦怠感などが引き起こされるため、脂質やタンパク質は適度に摂取するようにしましょう。

まとめ

  • 更年期での腹痛は主に女性ホルモンや自律神経のバランスの乱れから生じる場合がある
  • 自律神経の乱れによる腹痛の場合は、生活習慣で改善することも可能
  • 女性ホルモンの乱れによる婦人病の腹痛の場合、医療機関で治療を受けることが重要
  • 腹痛には大腸がんや胃がんなど、重要な病気が隠されていることもあるため、定期的な検診が重要

関連ページ

■ 更年期で誰もが乱れる生理周期の原因と対策法
更年期に起こる生理周期の乱れ、その原因と対策法についてご紹介しています。更年期では生理〜閉経まで起こりますが、この時から生活習慣の見直しをしておく事をお勧めします。
■ 更年期の症状に役立つイソフラボンの種類とサプリ
イソフラボンが更年期の改善に効果的なこと、アグリコン型イソフラボンの重要性についてご紹介しています。それ以上に重要なエクオールの存在と効率的にエクオールが摂取できるサプリもご紹介しています。
■ 更年期の髪トラブル対策と避けるべきヘアケア
更年期に起こる「抜け毛」や「乾燥」といった、毛髪トラブルの対策についてご紹介しています。また、誤ったヘアケアについても説明しています。悪化させたくない女性は必見です。
■ 更年期の胸の痛みに潜むリスクに用心!7つの対策法
更年期から起こった動悸や胸の痛みの改善ガイド。胸の痛みにはどんな症状があるか、それぞれベストな対策はあるのかについて詳しく説明しています。
■ 更年期で高血圧となった時に行いたい4つの対策
更年期に起こる高血圧とその対策法についてご紹介しています。また、更年期の血圧の特徴についてもまとめています。今後の対策にお役立て下さい。
■ 乾燥が悪化する更年期の過ごし方と対策法
更年期に起こる乾燥感やかゆみについて、どのような対策をすればよいか記載しています。辛い乾燥とかゆみの対策としてご活用下さい。
■ 更年期に摂るべき効果的な食べ物と栄養素5選
更年期に不足しがちな栄養素「カルシウム」「マグネシウム」「レシチン」「ビタミンD」「ビタミンE」が豊富に含まれる食べ物をご紹介いたします。また、これらの食材を使った美味しいレシピもご一緒に参考にして頂ければと思います。
■ 早期の症状緩和に!更年期における閉経前後の変化と対策
更年期と閉経についてご紹介しています。閉経の判断基準と平均年齢、婦人科などでの検査、他の病気リスク、またHRT(ホルモン補充療法)についても紹介しております。
■ 急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法
更年期に起こるホットフラッシュの原因と症状、レベル1〜3に分けられた対処法についてご紹介しています。ほか、化粧崩れや服の汗シミ予防についてもご参考下さい。
■ プラセンタで更年期対策!高純度・高品質品の選び方
更年期障害の治療としても使われるプラセンタの選び方。高品質・高重度を基準に良質なプラセンタを選ぶコツ4つをご紹介いたします。プラセンタに含まれる成長因子が更年期障害を緩和してくれます。
■ トリプトファンサプリの効果と選び方の手引き
不眠を和らげる効果があるトリプトファンサプリメントをご紹介しています。効果的な飲み方や副作用まで全て。
■ 睡眠の質を向上するトリプトファンの上手な摂取方法
更年期障害や不眠症に効果的なトリプトファンの効能や効果的な摂取方法を紹介します。トリプトファンがどのように体の中で吸収されているのかを知ることができます。
■ 更年期障害に効果が期待出来るアロマ全14種!活用マニュアル付
アロマの効能を知って更年期を和らげる方法をご紹介いたします。アロマの最大限楽しむ方法や注意することなどをまとめました。
■ すぐにできる!更年期うつの対処法と改善方法まとめ
更年期障害で起こるうつ症状の対策やうつ病との違い、更年期うつ以外の病気の可能性などをご紹介しています。
■ 漢方を知って更年期障害を緩和させる方法まとめ
更年期における漢方薬の選び方、服用方法をご紹介しています。なぜ、漢方が更年期に良いのかという理由や漢方の副作用をまとめてます。
■ ズキズキを和らげる!更年期で頭痛が起こる原因と治し方
更年期からくる頭痛の判断基準と原因。頭痛の緩和法。病気のサインとなる頭痛の見分け方を記載しています。
■ 更年期のめまい緩和の近道に!予防法と関連する病気まとめ
更年期によるめまいの予防法。貧血との違い。めまいから来る病気をまとめました。
■ 良質なエクオールサプリメントの選び方
更年期対策において注目度が高いエクオールサプリメント。その選び方や良質なエクオールの基準をまとめました。更年期による様々な症状の緩和を目指したい女性におすすめです。
■ ドンヨリSTOP!更年期障害対策の為の女性ホルモン補充方法
40代からの更年期障害の症状の原因と、体の不調を整えるために最適な女性ホルモンの補い方や治療についてまとめました。
■ 更年期だけじゃない、その忘れっぽい症状の対策ガイド
「最近、忘れっぽい」と感じ、これは更年期のせいでは?思っている方の為にまとめられた記事です。忘れっぽい症状と更年期による忘れっぽい状態、認知症との違いについても解説しています。
■ じわっと更年期症状を和らげる成分!サポニンの働きと摂取法
サポニンが更年期にどんな効果を与えるのかをまとめています。ほか、サポニンが含まれる食材、効率的な摂取方法、注意点や副作用についてもご紹介しています。
■ 今日からできる!更年期のイライラ・うつうつ完全ケアガイド
更年期のイライラやうつうつの解消法。女性がイライラするメカニズムやイライラを段階別に分け、対処法を紹介しています。
page top