更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

「更年期で起きるホットフラッシュの症状はどんなもの?」「ホットフラッシュが原因で、職場や家庭で悩んでいるから、対処法が知りたい」といった方々は、多くいらっしゃるかと思います。

 

更年期でのホットフラッシュは、女性ホルモンと自律神経バランスが乱れ、体温調節が不安定となって現れます。対処法は、ホットフラッシュが起きる頻度でも変わります。

 

女性なら誰もが更年期に差しかかり、中でもホットフラッシュは代表的な症状とされますが、その原因とレベル分けされた対処法、化粧崩れや服の汗シミ対策についてご紹介いたします。

ホットフラッシュが起こる原因は卵巣機能の低下

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

 

ホットフラッシュは更年期に発症するもので、ほてりやのぼせ、発汗が代表的な症状となります。原因は卵巣機能の低下にありますが、具体的には女性ホルモンバランスや自律神経バランスが乱れ、体温調節が不安定になることで発生します。

 

閉経はおおよそ50歳前後で迎えますが、その前後5年間ほどは、卵巣機能の低下から女性ホルモンが減少し、心身のバランスも崩れやすくなります。

 

そのような時期を更年期と呼び、医師によって症状が確認がされた場合は、「更年期障害」と診断されます。

 

更年期障害に大きく関わるのが、女性ホルモンの減少に伴う、自律神経の乱れとホットフラッシュです。

 

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があり、その内の交感神経は活動や緊張、興奮などを司る神経で、日中に動いたりするのに重要な働きをします。副交感神経は休息や安定、鎮静を司る神経で、休息をとるときに重要な働きをします。

 

つまりは、ホルモンバランスが乱れると、交感神経が優位な状態が続き、血圧や血流が上昇すると共に体温も上がり、ホットフラッシュが発生します。

ホットフラッシュの症状と発症している可能性がある方

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

 

ホットフラッシュの症状には以下のようなものがあります。

 

  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 動悸、息切れ
  • 寝汗の増加
  • 喉の渇き

 

この中でも特に多いのが、上側3つ(のぼせ、ほてり、発汗)になります。

 

ホットフラッシュには明確な定義がありませんが、以下の項目に3つ以上当てはまる方は、ホットフラッシュが発生している可能性が高いと言えます。

 

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法顔にほてりを感じる
更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法動悸や息切れが多い
更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法目が回ったり頭痛がしたりすることが多い
更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法特に激しい動きをしていないのにも関わらず、発汗量が増えた
更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法入浴したわけではないのにほてりを感じる
更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法40~60代の年齢である

 

ホットフラッシュには兆候がなく、急にほてったり、発汗が増えたりします。

 

症状の重さや頻度、症状が出た時の持続時間は個人差がありますので、気になる方は病院での診察を受けましょう。

更年期障害とPMSで起きるホットフラッシュは同じもの

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

 

PMS(月経前症候群)でも、更年期と同様のホットフラッシュが発生する可能性はあります。

 

PMSは、生理が始まる約2週間前に起こる不調のことですが、ホットフラッシュが起こる原因は「エストロゲンの減少」です。

 

ホットフラッシュを予防する為には、体内でホルモンバランスの調整をすることが一番です。妊娠の予定がない場合は、低線量ピルを服用することでPMSやホットフラッシュの症状を軽減できます。

 

PMSが重くなりがちな方は、体内でホルモンバランスが乱れやすい特徴を持っているため、更年期になってからの各種症状も重くなってしまう傾向にあります。

ホットフラッシュが起きた時の対処法とレベル分け

ホットフラッシュは、症状の重さが軽度~重度まで広いため、それらに応じた対処法を知っておく必要があります。ここではレベル1~3に分けましたが、症状が軽い人でも突如重くなることもありますし、その逆もあり得ます。

 

まず、ご自身がどのレベルで、どんな対処法が良いかご紹介します。

 

レベル1:ホットフラッシュが月に数回程度で、数十秒~数分間で治まる場合

レベル1のホットフラッシュの症状ならばほとんど心配ありません。

 

突如、ホットフラッシュに襲われても少し休めば症状が治まります。このくらいの症状の場合は生活習慣を改善させることで、ホットフラッシュの発生自体を予防することができる可能性もあります。ホットフラッシュを改善させるためには自律神経を整えることが重要です。

 

そのためには以下のような生活習慣をポイントにしましょう。

 

規則正しい生活をする

朝はしっかりと朝日を浴びて起床し、昼は活動的に行動をして、夜は暗い部屋でゆっくりと睡眠を取るようにしましょう。朝にしっかりと朝日を浴びて昼に活動的に行動することで交感神経が日中優位になります。反対に夜にしっかりと休むことで副交感神経が優位になります。この繰り返しで自律神経のバランスを取っていくことができます。夜、眠る際に睡眠導入効果のあるアロマを使うとなお効果的です。

運動習慣をつける

運動習慣をつけることで交感神経のバランスを取ることができます。また適度な疲労は夜間の睡眠導入をスムーズにするため副交感神経を優位にさせる作用もあります。運動をすることで血流も改善されるため、息切れや動悸、発汗など血管運動神経症も軽減することができます。

半身浴を行う

眠る前に熱いお湯で入浴をしてしまうと交感神経が刺激され、睡眠の質が低下してしまいます。夜の入浴は半身浴を行うようにしましょう。38度から40度程度のぬるめのお湯にみぞおちのあたりまで20分程度浸かるとよいでしょう。バスルームにミネラルウォーターなどを持ち込み水分補給しながら行うとなお効果的です。

 

レベル2:週に数回程度発生し、日常生活に支障がでるくらいの発汗がある

レベル2の症状になると、顔や手の発汗量が増えたり、衣服に汗が付着したりすることにより日常生活に支障が出る場合があります。

 

症状を改善させるためにレベル1で紹介したような生活習慣の改善を行いましょう。

 

同時にサプリメントの服用で、体内のホルモンバランスを整えることも重要です。

 

エクオール

大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと似た構造をしているため、エストロゲンの減少による更年期障害の症状を抑える働きがあると考えられています。イソフラボンは腸内で代謝されエクオールという物質になり、エストロゲンと似た働きをすることでホットフラッシュをはじめとする更年期障害の症状を軽減します。エクオールは体質によっては作れない場合があるためサプリメントで摂取するとよいでしょう。

 

エクオールサプリメントに関する詳細はこちらから確認できます。

DHA、EPA

DHA、EPAは主に魚に含まれている不飽和脂肪酸です。DHAとEPAには赤血球を柔らかくして血液の流動性を改善したり、コレステロール値を下げることでドロドロの血液を改善したりする作用があります。血流を改善させることにより急なほてりや発汗を抑え、ホットフラッシュの症状を改善する効果が期待できます。

 

レベル3:日常的にホットフラッシュが発生して、心身が非常につらい

ホットフラッシュにより心身がつらいと感じる場合は、医療機関で治療することが重要です。ホットフラッシュが重度な方は、うつ病を招く可能性もあり、たかが発汗やほてりと思わず、婦人科のある病院に行きましょう。婦人科での治療には以下のような選択肢があります。

 

HRT(ホルモン補充療法)

HRTは、更年期に差し掛かるにつれ減少していくエストロゲンを補充する治療法です。ホットフラッシュはエストロゲンの減少により発生すると考えられているため、効果が高いことが特徴です。

 

様々な手段があり飲み薬や貼り薬、塗り薬、注射などを選ぶことができます。保険を適用して治療することもでき、ホットフラッシュに悩んでいる人にはぜひ受けてほしい治療法です。

 

ただしHRT治療を受けられない人も存在します。乳がんや子宮がんを治療中の人、血栓症の治療薬を服用している人、脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある人などです。

 

また、閉経後2年以降に治療を開始した場合、若干の血栓症や脳梗塞のリスクが高まる場合もあります。早期に治療を開始すれば問題ありません。

 

HRTの詳細はこちらからもご確認できます

漢方薬

HRTを利用してもあまり改善されないとき、そもそもHRTを利用したくないときなどは漢方薬による治療を行います。第一の選択肢となる漢方薬は「加味逍遙散」という薬になります。血流をよくして体を温める働きがある一方、のぼせやほてりが発生しやすい上半身の熱を発散させる作用もあります。体内でホルモンバランスを整える作用も期待できるため更年期障害やPMSの治療に効果的です。

 

ほか、時間や場所に関係なく起こるホットフラッシュの対策として、ウェットシートや除菌シートなどアルコールを含んだシートを用意しておくとよいでしょう。

 

アルコールを含んだシートを首筋に当てることにより、気化熱が発生し、体温を下げる効果を期待できます。

 

更年期障害に効果を発揮する漢方薬はこちらからご確認できます

ホットフラッシュによる化粧崩れや服の汗シミの予防法

更年期での発症率100%!急なホットフラッシュに悩まないレベル別の対処法

 

ホットフラッシュは発生する時間や場面を選ぶことができません。前兆もないため、化粧崩れや汗シミを根本的に予防することは難しいのですが、ウォータープルーフ等の化粧品で防ぐ、または抑えることはできます。

 

株式会社コーセーが発売している「エスプリーク エクラ」といった、汗やほてりに強いBBリキッドも開発されているので、適切な化粧品は今後も増えてくるでしょう。

 

服の汗シミも根本的に予防することは難しいですが、着替えをオフィスやバックの中に常備するほか、汗シミを予防するインナーを着用することでも対策ができます。

 

また、急なホットフラッシュによる体温調整に対応するため、着脱しやすい服を着用しておく事も重要です。

まとめ

  • ホットフラッシュは、女性ホルモンと自律神経バランスの乱れが原因
  • ホットフラッシュは、その度合いに合わせた改善策を施すことが重要
  • 化粧崩れや汗シミにおいては、汗水に強いウォータープルーフの化粧品がおすすめ
  • 服の汗シミは、着替えやインナーの常備で対策

関連ページ

■ 更年期で誰もが乱れる生理周期の原因と対策法
更年期に起こる生理周期の乱れ、その原因と対策法についてご紹介しています。更年期では生理~閉経まで起こりますが、この時から生活習慣の見直しをしておく事をお勧めします。
■ 更年期から起こった腹痛や下腹部痛の対処ガイド
更年期に起こる腹痛や下腹部痛、便秘や下痢について、対処法をご紹介しています。
■ 更年期の症状に役立つイソフラボンの種類とサプリ
イソフラボンが更年期の改善に効果的なこと、アグリコン型イソフラボンの重要性についてご紹介しています。それ以上に重要なエクオールの存在と効率的にエクオールが摂取できるサプリもご紹介しています。
■ 更年期の髪トラブル対策と避けるべきヘアケア
更年期に起こる「抜け毛」や「乾燥」といった、毛髪トラブルの対策についてご紹介しています。また、誤ったヘアケアについても説明しています。悪化させたくない女性は必見です。
■ 更年期の胸の痛みに潜むリスクに用心!7つの対策法
更年期から起こった動悸や胸の痛みの改善ガイド。胸の痛みにはどんな症状があるか、それぞれベストな対策はあるのかについて詳しく説明しています。
■ 更年期で高血圧となった時に行いたい4つの対策
更年期に起こる高血圧とその対策法についてご紹介しています。また、更年期の血圧の特徴についてもまとめています。今後の対策にお役立て下さい。
■ 乾燥が悪化する更年期の過ごし方と対策法
更年期に起こる乾燥感やかゆみについて、どのような対策をすればよいか記載しています。辛い乾燥とかゆみの対策としてご活用下さい。
■ 更年期に摂るべき効果的な食べ物と栄養素5選
更年期に不足しがちな栄養素「カルシウム」「マグネシウム」「レシチン」「ビタミンD」「ビタミンE」が豊富に含まれる食べ物をご紹介いたします。また、これらの食材を使った美味しいレシピもご一緒に参考にして頂ければと思います。
■ 早期の症状緩和に!更年期における閉経前後の変化と対策
更年期と閉経についてご紹介しています。閉経の判断基準と平均年齢、婦人科などでの検査、他の病気リスク、またHRT(ホルモン補充療法)についても紹介しております。
■ プラセンタで更年期対策!高純度・高品質品の選び方
更年期障害の治療としても使われるプラセンタの選び方。高品質・高重度を基準に良質なプラセンタを選ぶコツ4つをご紹介いたします。プラセンタに含まれる成長因子が更年期障害を緩和してくれます。
■ トリプトファンサプリの効果と選び方の手引き
不眠を和らげる効果があるトリプトファンサプリメントをご紹介しています。効果的な飲み方や副作用まで全て。
■ 睡眠の質を向上するトリプトファンの上手な摂取方法
更年期障害や不眠症に効果的なトリプトファンの効能や効果的な摂取方法を紹介します。トリプトファンがどのように体の中で吸収されているのかを知ることができます。
■ 更年期障害に効果が期待出来るアロマ全14種!活用マニュアル付
アロマの効能を知って更年期を和らげる方法をご紹介いたします。アロマの最大限楽しむ方法や注意することなどをまとめました。
■ すぐにできる!更年期うつの対処法と改善方法まとめ
更年期障害で起こるうつ症状の対策やうつ病との違い、更年期うつ以外の病気の可能性などをご紹介しています。
■ 漢方を知って更年期障害を緩和させる方法まとめ
更年期における漢方薬の選び方、服用方法をご紹介しています。なぜ、漢方が更年期に良いのかという理由や漢方の副作用をまとめてます。
■ ズキズキを和らげる!更年期で頭痛が起こる原因と治し方
更年期からくる頭痛の判断基準と原因。頭痛の緩和法。病気のサインとなる頭痛の見分け方を記載しています。
■ 更年期のめまい緩和の近道に!予防法と関連する病気まとめ
更年期によるめまいの予防法。貧血との違い。めまいから来る病気をまとめました。
■ 良質なエクオールサプリメントの選び方
更年期対策において注目度が高いエクオールサプリメント。その選び方や良質なエクオールの基準をまとめました。更年期による様々な症状の緩和を目指したい女性におすすめです。
■ ドンヨリSTOP!更年期障害対策の為の女性ホルモン補充方法
40代からの更年期障害の症状の原因と、体の不調を整えるために最適な女性ホルモンの補い方や治療についてまとめました。
■ 更年期だけじゃない、その忘れっぽい症状の対策ガイド
「最近、忘れっぽい」と感じ、これは更年期のせいでは?思っている方の為にまとめられた記事です。忘れっぽい症状と更年期による忘れっぽい状態、認知症との違いについても解説しています。
■ じわっと更年期症状を和らげる成分!サポニンの働きと摂取法
サポニンが更年期にどんな効果を与えるのかをまとめています。ほか、サポニンが含まれる食材、効率的な摂取方法、注意点や副作用についてもご紹介しています。
■ 今日からできる!更年期のイライラ・うつうつ完全ケアガイド
更年期のイライラやうつうつの解消法。女性がイライラするメカニズムやイライラを段階別に分け、対処法を紹介しています。
page top